シンプルライフ物語

子育てと自分育て家事、断捨離、片付け、ミニマリスト、宝塚などについてシンプルラフまでの道を綴ります

着たい服が見つからない、欲しい洋服がない、そんな私が手に入れた服は?

洋服の断捨離をちょこちょこやっています。
先日は、10年くらい前から着用している冬用のフリースと何度か履いてみたけど、着心地の悪いGパンを一緒に捨てました。
新しい洋服も買わないから、クローゼットの中からは洋服が無くなってきているのですが、困ったことが起きました。


それは、着たい服が見つからないという問題です。

欲しい服もありません。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

元々洋服にお金をかけないタチですので、安いお店でしか買いません。
先日気づいたのですが、そのようなお店に置いている洋服は20代~30代の若者向けがほとんど。
40代が着ると、「若作り」に見えてしまいます。
だからといって、それ以上の年代の洋服を扱っているお店に置いてあるような洋服になると、だぼっとした感じで野暮ったい。
私の好みではありません。

おしゃれなブランド品ならば、年齢が高くなっても(オバサンになっても)サマになる作りをしている洋服もあるのですが、半径数キロ以内で生活している私にとって、ブランド品にお金をかけるつもりは毛頭ありません。

若作りしている感が無く、
オバサンぽくも無く、
安いけれど、野暮ったくも無い。

三拍子揃った洋服ってなかなか無いのです。

そんな状態で、妥協して購入した洋服は、愛着も無く着心地も悪い。

そもそも洋服って、手足の長いスレンダーな体型の外国人の体型に合わせて作られたものだから、私のような典型的な日本人体型には合わないのです。

それでも若い頃は、ファッション雑誌でモデルがかっこよく着用しているような洋服を見て、その洋服を着れば私もかっこよくなれると信じていました。

例えばスレンダーなパンツ。
あのパンツを履いてローヒールを履いて颯爽と歩けば、私のような太くて短い足でも、細く長く魅せられると本気で信じ、キツキツのパンツをムリして履いていました。

あるとき、ふとガラスに映った自分自身の姿を見て気絶しそうになりました。
雑誌のモデルとは似ても似つかない、どこからどう見ても、同じタイプのパンツを着ているとは誰も気づかないであろうほどに、私の太くて短い足が移っていたのです。その姿を見てすっかり気分が沈みました。

40も過ぎれば、自分自身の姿をごまかしてかっこよく魅せる洋服に興味ありません。

見た目はどうでも良いというのが率直な気持ち。誰にどうみられようとも、自分自身が居心地良く感じられるものであれば、良いと思うようになりました。

なかなかありませんね、そんな洋服。

ジャージとスエットスーツが限りなく理想に近いかもしれません。

でも、ジャージもスエットスーツも欲しくありません。

実は、私が気になる服は5年くらい前からありました。

ただ、その服を着る勇気が無かった。だからずっと保留状態でした。

しかし、とうとう先日、5年以上恋い焦がれた服を購入。手に入れました。

その服とは???

「もんぺ」です。

なぜ私がそれほど「もんぺ」を手に入れたかったかというと、日本人にとって野良仕事には欠かせない服で、締めつけ感が無く、動きやすく、老若男女誰が履いても、「似合う」からです。

逆に「もんぺ」の似合わない日本人って見たことありません。

戦前はほとんどの日本人が履いていたのでは無いでしょうか?

都会ではもんぺ姿の人を見ることはほとんどありませんが、田舎に行けば、80歳以上のお年寄りは好んでもんぺを着用しています。

もんぺをはいた老人は、たくましく大事を歩き、身軽に仕事をこなす、そんなイメージを持っています。

だから、もんぺがどうしても欲しくて欲しくて、恋い焦がれていたのです。

ただ、ずっと懸念材料だったのは、

実際にもんぺを着用して外を歩けるか?

と言うことでした。

せっかく購入しても、外に履いて歩けないようだったらちょっともったいないです。

あれこれ考えて数年が過ぎておりました。

そして、とうとう先日、ズボンを断捨離したことをきっかけに「もんぺ」を楽天で購入し、手に入れたのです。

購入ボタンを押した時は、もう興奮しました。夢にまで見た「もんぺ」です。

私が選んだ「もんぺ」は、しじら織りで、紺のストライプ。


f:id:mayusachi:20180602002127j:image


昔からあるもんぺのオーソドックスな柄です。

早速履いてみて、家族に魅せたところ、私のもんぺ姿に絶句。

子どもは、言いました。
「お母さん、昔の人になったみたい」
「一緒に歩きたくない」

旦那もうなずきました。

そんなにおかしいか??

私はもの凄くおしゃれだと思っているれど。

身体を締めつけないから、ゆったりしているし、
だぶっとしているから、太くて短い足も目立たない。
しじら織りの肌触りがなんとも言えずサラサラ…

こんな着心地の良いものだったら、もっと早く手に入れておけば良かったと思うくらい。

すっかりもんぺが大好きになりました。

更に私のもんぺ熱はエスカレート。

もんぺの上に着る服も欲しくなりました。どうやら「作務衣」と呼ぶらしい。

「作務衣」も購入しました。

まだ手元には届いていませんが、もんぺと作務衣姿で大都会を闊歩してみたいと思ってしまいました。

そうそう、それに風呂敷を背負ったら、もの凄く粋でサマになるのでは無いか?

なんて思いを巡らしています。

街で、もんぺ姿に風呂敷を背負った中年女性を見かけたら、多分、私かもしれません。

気楽にお声などかけて下さいませ。