シンプルライフ物語

子育てと自分育て家事、断捨離、片付け、ミニマリスト、宝塚などについてシンプルラフまでの道を綴ります

ダイエット中にモリモリ食べたい!アイスクリームの簡単レシピ。なぜ堂々と食べられるのか?

夏真っ盛り。
アイスクリームをいっぱい食べたい季節になりました。
この記事では、

ダイエット中にたくさん食べても安心。
尚且つ、食べれば食べるほど腸内が元気になる。

ダイエット中にたくさん食べたい、簡単に誰でも作れるアイスクリームのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

 

ダイエット中に食べたいアイスクリームの簡単&ヘルシーなレシピ

ダイエット中に食べたい、夢のアイスクリーム。材料と作り方をご紹介します。

<材料>

  • 甘酒 120グラム
  • 豆乳 150グラム
  • ゴマペースト 大さじ1
  • バナナ 1本
  • 自然塩 ひとつまみ

 

<作り方>

1.材料を全て入れてフードプロセッサーで攪拌します。

f:id:mayusachi:20190729103427j:image

2.クリーム状になったら、タッパーに入れて冷凍庫で冷やします。

f:id:mayusachi:20190729103441j:image

f:id:mayusachi:20190729103457j:image

3.3時間ほど冷凍庫で冷やしたらアイスクリームのできあがりです。


f:id:mayusachi:20190729104436j:image

 *写真は黒ゴマペーストを使った時のアイスです。

1~2までの所要時間が、3分もかかりません。すごく簡単です。

今回は、バナナを入れましたが、イチゴや小豆、抹茶、ブルーベリー、ココアなどを入れると味のバリエーションを楽しめます。

先日、小豆を使ったバージョン(小豆アイス)を作りました。

f:id:mayusachi:20190729103542j:image

すごく簡単なので、子ども(中3女子)も夜中にこっそり作っていました。。。f:id:mayusachi:20190729103551j:image

「お母さんも、食べてね」と言っていましたが、食べるの、勇気がいります‥

しかし、
f:id:mayusachi:20190729183554j:image

型から出したら、可愛感じに出来上がっていました。味も普通に美味しかったです(*^_^*)

甘酒を使ったアイスとダイエットの密なる関係とは?

一般的にアイスクリームの材料のほとんどは糖分です。しかも、冷やすと甘さの感覚が鈍るから、常温のものよりも多めに糖分を入れています。

一方、甘酒を使ったアイスの材料は、甘酒と豆乳、ゴマペースト、自然塩など。

甘みとなっている甘酒は、麹と米でできた日本がほこるヘルシーフードです。

江戸時代には、甘酒は、真夏を乗り切る飲み物として、愛飲されていました。昔の人は、甘酒が、体力回復、夏バテに即効性があることをよく知っていたのですね。

甘酒が夏のダイエットに嬉しい効果をもたらす理由を、もう少しまとめてご紹介します。

甘酒が夏のダイエットに嬉しい効果をもたらす理由

なぜ、甘酒がダイエットに嬉しい効果をもたらすのか、その理由は次の通り。

  • 1.甘酒は天然のエナジードリンク
  • 2.甘酒の成分は病院の点滴と同じ
  • 3.甘酒は腸内環境を整える

それぞれ詳しくご紹介します。

1.甘酒は天然のエナジードリンク

甘酒の成分は、必須アミノ酸、ビタミン、ブドウ糖です。これらの成分は全て天然。米のタンパク質と糖分を麹が分解することによって生まれます。

しかもこれらの成分は、全て身体に必要なもの。天然の成分ですから吸収率は90%以上あります。

甘酒は、夏バテ、疲労回復効果に抜群。天然のエナジードリンクなのです。

2.甘酒の成分は病院の点滴と同じ

病院で行われている点滴は、栄養補強のために、ブドウ糖、必須アミノ酸、ビタミン類を成分としています。

点滴の成分は、甘酒の成分とほぼ同じなのです。現代医療と昔の日本人の知恵。共通するものがあるなんて感激しませんか?

3.甘酒は腸内環境を整える

甘酒には、食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれています。腸内環境を整え、便秘や肌荒れ改善にも効果があると言われています。

にほんブログ村テーマ 甘酒へ

甘酒を使ったレシピなどの情報収集はこちらです。⇒甘酒

甘酒を使ったアイス、ダイエット中でも堂々と食べましょう!

甘酒を使ったアイスは、夏に疲れた身体の回復にも効果は抜群です。腸内環境も整えてくれますので、ダイエットの敵である便秘も改善してくれます。

身体を冷やさず、絶妙な栄誉バランスでてきた甘酒。

偏食になりがちなダイエット中でも、堂々とモリモリ食べられるのが嬉しいですね。