シンプルライフ物語

子育てと自分育て家事、断捨離、片付け、ミニマリスト、宝塚などについてシンプルラフまでの道を綴ります

自分育て

コロナウィルスで全国の小中高が臨時休校、卒業式や受験はどうなる?

コロナウィルス感染拡大防止のため、全国の小中高が臨時休校に追い込まれました。うちの子は、今年、中3で、3月は卒業式がある予定。受験は終わっていますが、これから公立高校の受験を控えている同級生たちは、不安でいっぱいなのではないでしょうか。東日…

死ぬまでにやりたい10のこと 50歳以上の女性へのアンケート、驚きの結果とは?

全国の50歳以上の女性を対象に「死ぬまでにやりたい10のこと」を聞いた結果、第3位が国内旅行、第2位が片付けでした。そして第1位は、ちょっと意外な回答でした。 スポンサーリンク //

ミニマムな努力で、良好な人間関係や子育てをするために学んでいることとは?

元々、人付き合いや人間関係が苦手です。基本的な人間関係ができないと子育にも影響してムダな苦労をしてしまうというのを身をもって経験しました。上手くやっている人と私とでは何が違う?というのが長年の悩みで試行錯誤を繰り返してきましたが、ようやく…

ミニマリストなシンプルライフを目指して再出発!

数ヶ月前、子どもの高校受験のことでかなり気持ちが落ち込んでおりました。読んでくださった方々には、余計な心配をかけてしまいまして申し訳ございませんでした。温かいコメント、アドバイスをありがとうございました。 本日は、その後決まった子どもの進路…

本の片付けに何度も失敗した理由と私がたどり着いた、リバウンドしない本の整理方法とは?

本の片付けと整理に何度も失敗してきました。その失敗を踏まえて、改善策を取り、今では本の整理も片付けも楽になりました。リバウンドしない本の整理方法についてご紹介します。 スポンサーリンク //

「デジタルミニマリスト」レビュー スマホ・ネット依存をやめる方法とは?

前回に引き続き、「デジタルミニマリスト」のレビューです。スマホ・ネット依存をやめる具体的な方法と現在の私のスマホ利用について紹介します。 スポンサーリンク //

「デジタルミニマリスト」レビュー ホントは恐ろしいスマホの正体とは?

だらだらスマホをやめて時間を有効に使いたいと思っておりまして「デジタルミニマリスト 本当に大切なことに集中する」という本を読みました。 全体のレビューをしたかったのですが、冒頭のスマホの正体についてを暴露した、元Googleのエンジニアの証言が衝…

常識を捨てる勇気と頭の中の片付け

ここ数日、イライラして過ごしていました。イライラの原因は、中3の子どもの態度です。その具体的な内容と頭の中を片付けて、私が常識を捨てる勇気を持つことに決めた理由についてお伝えします。 スポンサーリンク //

お金をかけないで片づける具体的な方法。片づけの先にあるものとは?

片づけても、片づけても終わらないように思えた、汚部屋の片づけも佳境に入って参りました。 1年以上かかりましたが、こんまりさんの片づけノートとやましたひでこさんの断捨離本を参考に、整理収納アドバイザーの資格を取り、何とか一人でお金をかけないで…

勉強嫌いな受験生の親、焦る時期を乗り越えるためになっていることとは?

うちの子は、来年の2月または3月に高校を受験予定です。中1、中2と全く勉強せず、成績もとても悪いのですが、中3になり、行きたい高校ができました。それで、その学校に行くために塾などにも通い頑張っているのですが、勉強が全く追いついておりません…

高野山の宿坊(無量光院)を体験。俗世間から非日常へワープして起きた出来事とは?

一泊二日で高野山に行って参りました。宿泊先は、無量光院という宿坊。この宿は、断捨離のやましたひでこさんが、「断捨離」という生き方に目覚めた場所でもあります。地味な宿坊ではありますが、非日常を体験してきましたので、その出来事をレポートいたし…

なぜ、クローゼットの中のときめかない洋服を手放せないのか?

洋服クローゼットの見直しを、定期的に行っておりますが、なかなか手放せない洋服がありました。 15年以上前に購入して、既に何年も前からヨレヨレ状態。 もし、洋服に年齢があるとしたら、その洋服は、おばあさんになってしまったという感じです。 そんな…

【ためこみ症の片づけ】捨てるルールを決める、迷った時にする最終質問とは?

ためこみ症の改善プログラムを絶賛実行中です。モノを捨てられず、ためこんでしまう習性があり、尚且つときめきが分かりません。今後は、自分なりの捨てるルールを決めて、少しずつ、時間をかけて手放すことにしました。 私が決めたルールについてご紹介しま…

ためこみ症の片づけ&こんまり流の片づけの共通点と違いとは?

ためこみ症の改善プログラムを実施しております。実際にためこんだモノを片づける方法として、こんまり流の片づけと共通する点がありました。また、大きな違いも発見しました。ためこみ症の改善プログラムの片づけ、こんまり流の片づけとの共通点と違いにつ…

私は買い物する猿だった、買わない生活へのチャレンジ

片づけや捨てるなど以前に、私は、モノをためこむ「ためこみ症」かもしれないと気づきました。 今後は、ためこまない生活にシフトしていくため、4つのステップで改善していきます。 4つのステップとは、 ステップ1.家の中に入ってくるモノを少なくする …

「ときめき」や「断捨離」だけでは解決しない、モノを捨てられない「ためこみ症」の特徴とは?

こんまりさんの片づけを始めてから1年以上が経過しました。 ときめく感覚が分からず、断捨離の本も乱読。とにかく不用品をたくさん捨ててきましたが、未だにモノが多く、スッキリ片づいておりません。 元々モノを捨てられないタイプなので、バッサバッサと…

8月に手放したものと、断捨離することへの新たな気づきとは?

毎月恒例となりました、先月断捨離したもの。 捨てた物から見る、心境の変化と気づきについてご紹介します。 スポンサーリンク //

結婚前に知りたかった、家事についての驚愕の事実と7つの基本の家事とは?

結婚して17年ほど経ちます。家事について真剣に取り組むようになったのが去年ですから、未だに分からないことだらけ。気を抜くとあっという間に元の汚部屋状態になってしまいます。ここで改めて、結婚前に知りたかった基本の7つの家事とその驚愕の事実に…

【ユニクロ】こんまり流で片づけたクローゼットを見直し。育てるクローゼットに挑戦!ビフォーアフターを公開!

こんまり流で片づけたクローゼット、先日1年経ちました。スッキリ片づいた状態をキープしているのですが、持っている洋服がときめかない問題を抱えていました。 輪湖もなみさんの「「いつでもおしゃれ」を実現できる 幸せなクローゼットの育て方」を参考に…

なぜ終活は、若いうちからやるべきなのか?おしゃれ終活アンバサダーになった理由

1ヶ月ほど前になりますが、おしゃれ終活アンバサダーという資格を取得しました。 おしゃれ終活とは、一般的な終活とは全く違います。一般的な終活は、生前整理や遺言、お墓など死ぬための準備のようなものです。一方、おしゃれ終活は、第二の人生をスタート…

大型の本棚収納を処分。理想のミニマリスト像とは?収集癖からの卒業を目指す

昨日、とうとう二つあった大型本棚のうちの残りの一つを処分いたしました。本棚の中に入っていたものは、作り付けのクローゼットに収集する予定でしたが、入りきれないものもあり、行き場に困ったものたちが床の上を占拠しています。 本棚はもう買わないと思…

なぜ、私はミニマリストから汚部屋住人になってしまったのか?満たされない欠乏感|シンプルライフへの道 - シンプルライフ物語

たった一人で挑戦した大学受験。緊張度が高まり、センター試験直前になると、幻覚や幻聴、被害妄想に襲われ、夜グッスリ眠れなくなってしまいました。誰にも相談できずに、泣き言も言えず、迎えたセンター試験と二次試験。結果を待ちました。 スポンサーリン…

なぜ、私はミニマリストから汚部屋住人になってしまったのか? 無謀な挑戦|シンプルライフへの道

1人暮らしを始めて3ヶ月くらい経ち、寮にも学校にも自分の居場所がないことが分かりました。毎朝、「行ってきます」と一階に住む管理人さんに声をかけ、「行ってらっしゃい」と見送られ、私が出かけた先は県立図書館でした。小高い坂の上の林の中にあった…

なぜ、私はミニマリストから汚部屋住人になってしまったのか? 存在感ゼロ|シンプルライフへの道

寮内でトラブルを起こしてから、最初の登校日。私は、学校からもお咎めを受ける覚悟でした。 雑居ビルのフロアーにあった教室に入り、Aさんたちと呼び出される覚悟でいましたが、そんな様子もなく、担任のNが教室に入ってきて、朝礼が始まりました。 スポン…

なぜ、私は、整理収納アドバイザー1級を取得したのか?今後の野望について

整理収納アドバイザー1級、合格しました。合格率が7~80%、資格保有者は1万人近くいます。なぜ、今さら感いっぱいの環境で、私は整理収納アドバイザーの資格を取得したのか? 今後の野望についてご紹介します。 スポンサーリンク //

なぜ、私はミニマリストから汚部屋住人になってしまったのか? 欲しいのは自信|シンプルライフへの道

「イヤだ!なんで私があいつらと飲まなきゃいけないの?絶対イヤだわ」 合コンの誘いをするなり、Iさんは即答しました。 「何がイヤなんですか?」 私が、なぜそこまで激しくIさんが拒否するのか分からず、理由を聞いてみました。 Iさんは、すぐに答えました…

ごきげんな毎日を送るために、やるべき「10の断捨離」とは?

やましたひでこさんによると、モノだけを断捨離してもごきげんにはならないようです。ごきげんになるには、「10の断捨離」があるのだそう。その「10の断捨離」とは? スポンサーリンク //

なぜ、私はミニマリストから汚部屋住人になってしまったのか? 転機|シンプルライフへの道

寮生活を送る中で、いじめがありました。 いじめられていた子を仮にAさんとします。 そのAさんは、入学して早々、彼氏ができました。その彼は、二浪して受験に失敗し、仮面浪人をしていました。その彼をKさんと呼びます。 AさんはKさんと毎日べったり。Kさん…

ユニクロ感謝祭2019スタート!買ってダメなものと夏前に買うべきものとは?

ユニクロ35周年誕生感謝祭がいよいよスタートしました。 ユニクロでは、毎年2回、5月頃と11月頃に誕生感謝祭を行っており、そのシーズンの目玉商品がリーズナブルで買えるチャンスにもなっています。「洋服はいっぱいあるから、今年はもう買わないわ」…

ごちゃごちゃの思考を整理する「バレットジャーナル」は、シンプルライフにぴったりだった!

頭の中を整理するつもりで始めた「手帳」「ノート」「メモ帳」「スケジュール帳」「Todoリスト」。しかし、あっちこっちに書き散らかし、益々混乱しております。最近、「断捨離ノート」「家事ノート」「エンディングノート」も始めましたから、10冊近くを…